無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
フォトリーディング『流星の絆』
JUGEMテーマ:読書


私はいつでも数冊本を持っています。
昨日、友人の家に行く途中、本を持ってくるのを忘れたのを思い出しました。

そこで近くの書店で買ったのが、今テレビでドラマ化されている東野圭吾の『流星の絆』でした。ちょっと気にはなっていたので、ドラマをブルーレイで録画してあったのですがまだ1話も見ていないんです。この小説を読んで、面白かったら見たくなるだろうし、面白くなかったら消しちゃえ、って考えました。

結論を言いますと、これは見事です。すばらしいストーリーテリングです。
息をもつかせず、2時間ぐらいで一気に読まされてしまいました。

このように素晴らしい小説こそ、フォトリーディングに向いています。
最初は映画を観るかのようにジェットコースタースピードでストーリーを楽しむ。

そして読み終わったあとは、それぞれのディティールを楽しむために気に入った所を次々に探し、じっくりと味わっていく。あまりに美味しい料理を夢中になって食べた後、またその美味のひとつひとつを思い起こせるような幸せを感じます。

あえて星を1つ減じたのは、せっかくのどんでん返しの伏線が、意外と早くわかっちゃったからでした。あれほどカタルシスのある展開は、できればそのシーンまでサプライズをとっておきたかったです。

まあそれもまたぜいたくな要望ですね。とにかくこの本は読んでみろ!っておすすめさせていただきます。

もちろんこれからブルーレイに録りためたドラマを観ます。楽しみだぁ!!

[受講生満足度98.5%の玉川インストラクターでフォトリーディングの講座を受けてみませんか?]
| 玉川一郎 | フォトリーディング | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tamaichi.jugem.jp/trackback/213
2008/12/16 2:23 PM posted by: 流星
何気なくネット見ていたら流星の関連する記事を見つけました。私もコレ見て参考にし...