←prev entry Top next entry→
宮部みゆきの『夢にも思わない』


宮部みゆきの『夢にも思わない』をフォトリーディングしました。
『今夜は眠れない』と同一登場人物の中学生による新事件のお話。

著者はいつもユニークなスタイルを試しているんですが、子どもの読み物というテイストがこの小説におけるトライというところでしょう。

いわゆる少年探偵団のような展開でほのぼのさせられてると、ラスト近くになっていきなり子どもの残酷さというリアルに呆然とさせられます。

茂木健一郎は「名作は心に傷をつける」といっていました。
名作かどうかはともかくとして、この本は心に傷をつけるもかもしれません。

小学校から読み物に親しんできた方にはノスタルジーとともにショックがあって面白いと思います。私は小説を読み始めたのはもう少し後になってからなんで、多少違和感があります。
| 玉川一郎 | フォトリーディング | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/07/19 5:08 AM posted by: 藍色
こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tamaichi.jugem.jp/trackback/182
2009/07/19 5:08 AM posted by: 粋な提案
秋の夜、虫聞きの会で殺されたのは、僕の同級生のクドウさんの従姉だった。 大好きな彼女のために、僕は親友の島崎と真相究明に乗り出した…...